インターナショナル・フィールドワーク

マレーシア社会が抱える課題を発見し、グループで協力しながら創造的な解を見つけ出す経験を。

2年次後期と2年次春季休業期間を活用して、大きく変容する「アジアの現場」を学ぶ科目である「インターナショナル・フィールドワーク I-II 」を実施しています。研修先は多様な文化、宗教、民族が並存しつつ発展を続ける複合社会のマレーシアです。
2年次後期には事前学習として、マレーシアの特性を「歴史・文化・社会」「政治・国際関係」「経済・経営」の視点から、多角的に学び、マレーシアが直面する固有の課題や挑戦に対し、創造的な解を提示するための研究を小グループ単位で開始します。
2週間の研修期間中には、現地の著名な教授陣による講義、マラヤ大学の学生とのディスカッション、企業訪問などを実施。最終日には、現地の教授陣に対し、グループの研究の成果報告を英語で行います。なお、本研修の修了者は4単位を修得することができます。

 

修了生の声

-仲間と自分たちだけの「問い」を研究し、アウトプットする経験ができます-

城戸 孝二さん(国際教養学部・2018年春季参加)
経済、教育、政治等、様々な角度からマレーシアという国を学ぶことで、多角的な分析力が大きく鍛えられたと感じています。また、インプットだけでなく、仲間と自分たちだけの「問い」を研究しアウトプットできたことも有意義な経験となりました。何より、一つのプレゼンテーションを作り上げるまで、徹底的に自問自答を繰り返したことで、納得のいく答えを出すまで努力したという経験ができました。精神的に成長できたという実感が、本研修の一番の収穫です。