学位論文(修士)

学位論文審査基準(情報システム工学専攻)

【修士論文】

修士論文は、申請者が主体的に取り組んだ研究の成果であり、独創的で、かつ情報システム工学あるいは関連分野の基盤または応用の発展に寄与するものでなければならない。審査は以下の項目について、学位論文の内容及び修士論文発表会での発表をもとに行われる。
・研究の背景と目的が、関連論文を引用しながら適切に述べられていること。
・研究の独創性が十分に説明されていること。
・研究の方法が十分に説明されていること。
・研究成果の評価が適切かつ十分に行われ,それらに対する考察が展開されていること。
・論文が論理的に構成されており、表記・表現が適切かつ明瞭であること。
・学位論文の口頭発表が適切に行われ、質疑に対する応答が十分であること。

【博士論文】

博士論文は、申請者が主体的に取り組んだ独創的、かつ情報システム工学あるいは関連分野の基盤または応用の発展に寄与するもので、査読制度のある学術誌へ掲載されるなど、学術的に評価された内容を含んでいなければならない。審査は以下の項目について、学位論文の内容及び論文公聴会での発表をもとに行われる。
・研究の背景と目的が、関連論文を引用しながら適切に述べられていること。
・研究の新規性、独創性、重要性、および波及性が十分に説明されていること。
・研究の方法が十分に説明されていること。
・研究成果の評価が適切かつ十分に行われ,それらに対する考察が展開されていること。
・論文が論理的に構成されており、表記・表現が適切かつ明瞭であること。
・学位論文の口頭発表が適切に行われ、質疑に対する応答が十分であること。

情報システム工学専攻

情報システム学専攻