学位論文
審査基準

修士論文審査基準(100点満点)

  1. 章は明晰に書かれているか?(30点)
  2. 論文の問いが明瞭かつ適切に立てられているか?(10点)
  3. 先行研究が十分に行われているか?(10点)
  4. 立てられた問いに対する解答(結論)が与えられているか?(10点)
  5. 結論が論理的に導き出されているか?(10点)
  6. 研究・分析方法は的確か?(10点)
  7. 構成および章立ては適切か?(10点)
  8. 適切な引用がなされているか?(10点)

公開の場での発表(学外または学内)を行うこと(またはその予定があること)を、修士論文提出の条件とする。

英文学専攻としては、毎年12月に「中間発表会」を行う。

書式や分量などの制限については『大学院要覧』ほかを参照のこと。

リサーチペーパー審査基準(100点満点)

  1. 研究または調査の目的が明瞭であるか?(20点)
  2. 研究結果または調査結果が十分に明示されているか?(20点)
  3. 研究・分析方法は的確か?(20点)
  4. 構成および章立ては適切か?(20点)
  5. 文章は明晰に書かれているか?(20点)

書式や分量などの制限については『大学院要覧』ほかを参照のこと。

博士論文(課程による)審査基準

以下の諸点を考慮して総合的に判断する。
  1. テーマの独創性とその意義の明示
  2. 当該学問領域への貢献
  3. 先行研究の分析と評価
  4. 論文構成の適切さ
  5. 内容および文章の論理性および明晰さ
  6. 文献使用の適切さおよび読解の正確さ
  7. 註および参照文献の適切さおよび充実度
  8. 提出論文に対する自己分析および今後の展望など

執筆言語は英語

書式や分量などについては「博士論文作成要領」ほかを参照のこと。

論文の提出の要件などについては『大学院要覧』を参照のこと。