2017年09月06日

社会福祉専修NEWS(西川ハンナゼミ合宿)

2017年8月24日~26日、「地域の絆と振興のあり方を学ぶ」とのテーマのもと、西川ハンナ准教授のゼミ合宿が行われ、諏訪市民新聞(27日付)に合宿での地域交流の様子が掲載されました。

合宿1日目、長野県諏訪市大和2区の方々へのインタビューを実施。
翌日夜の地区公民館での報告会では、住民の約40名が報告会『大和2区地域住民のインタビューを通して分かったこと』に参加し、「素晴らしいまとめだ」、「学びの大切さを改めて感じた」、「私たちのふれあい事業をこのように評価していただいてうれしい」との声が届きました。
最終日は、諏訪市社会福祉協議会にて温泉とコミュニティに関するレクチャー、映画に使用された共同浴場の見学や、諏訪地域のボランティア団体からの状況報告、社会福祉協議会の若手職員2名からの「社協職員になるには、その業務内容」についてミニレクチャーを受け、学生の実習・就職・国家試験へのモチベーションアップにつながりました。
ページ公開日:2017年09月06日