2017年12月09日 10時56分

社会福祉専修NEWS(子ども大学体験)

12月9日(土)、社会福祉専修3年生の授業「相談援助演習Ⅳ(グループワーク)」で、子どもを対象とした「スポーツ・芸術・国際体験」を実施しました。
学生には「今、ここ(大学)で学べることを感謝して365分の1日を社会に貢献をしよう」と呼びかけ、賛同してくれた部活やサークルに所属する学生、留学生、NPOぽんぽこ(障がいを持つ子どもの和太鼓サークル)の青年部さんなどが協力してくれました。当日は学生を含めて約90名が集まりました。
終了後には、「はじめて大学に来ました」「留学生の母国に行ってみたい」「日本一のアスリートの実演にびっくり、そして日本一の努力に感動」といった感想をいただきました。
大学生は子どものほんのちょっと先を行く未来の自分。「ああなりたい」と思っていただけたら幸いです。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
ページ公開日:2017年12月09日 10時56分