2019年08月16日 09時42分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学夏季語学研修 2019年8月16日)

2019年8月16日

今日は雲りのち雨で、天候は案の定不安定でした。イギリスでは、雨が降ったり止んだりするのが当たり前なので、折り畳み傘を常に持ち歩いています。
今日の授業は、イギリスの階級社会について勉強しました。上流階級、中流階級、労働者階級の大きく3つに分けられることは知っていましたが、さらに詳しく分けられた7つもの階級がある事を初めて知りました。階級によって、読む本や新聞、スポーツ、働く職業も違い、学んでてすごく興味深い内容でした。 さらに、今日は担当のネイティブの先生に向けて、自分の県のプレゼンテーションをしました。先生はとてもびっくりした反応をすることが多かったので、ちゃんと英語で伝えることができて嬉しかったです。
放課後、ダン先生とゲームをしました。イギリスの食べ物や場所を言いながらキャッチボールをするゲームと、絵を描いて当てるゲームをしました。英語を使ったアトラクションは、自分も覚えやすいし、相手に伝えるコミュニケーション能力を高めることができました。
この研修が2週間経った今、耳が慣れて、一回で相手の言っていることを聞き取れるようになったことを実感しています。あと残り1週間、ホストファミリーや先生との関わりを大事に生活していきたいです。


H.K.
ページ公開日:2019年08月16日 09時42分