2019年08月22日 09時38分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学夏季語学研修 2019年8月22日)

2019年8月22日

本日はバッキンガム大学における最後の授業を受けました。今回はこれまでの振り返りとともに3週間学んだことの集大成として、各々がテーマを設定しプレゼンテーションを行いました。

この3週間を通して私は「speaking skill」を今後伸ばしていきたいと強く感じました。私自身reading&listeningの2点は受験勉強においてかなり力を入れていたため、この留学の選考時に必要なTOEICテストではそれを発揮することができました。

しかし、いざイギリスにてホームステイが始まると言葉につまり上手くコミュニケーションがとれない自分に気づき、自らの英語力への自信を失い、日々もどかしさを感じていました。最初は悔しい思いでいっぱいでしたが、この体験、そして気づきを必ず今後の学びに活かしていきたいと思いました。

そして、帰国後の大学生活においては以前のような「机に向かう形での英語の勉強」だけでなく「会話を通しての学び」を行う機会を積極的に増やしていこうと決意しました。


K.S
ページ公開日:2019年08月22日 09時38分