2019年11月16日 09時36分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学英語DD6期 2019年11月16日) 

みなさんこんにちは‼︎
DD6期のこうーです‼︎
10月も終わり秋が過ぎて、冬本番,、到来‼︎という感じになってきました。
ここ10月11月にバッキンガム大学ではさまざまなイベントがありました‼︎10月の終わりには、ハロウィーンがあり、友だちと仮装したり去年と同様かぼちゃ掘りをしました。また、11月5日はイギリスではガイフォークスデー(guy fawkes day)と呼ばれ、花火をあげたりキャンプファイヤーをする文化があり、それが地元の公園で行われ、イギリス独自の文化だなって思いました。そのなかでも今回は、11月の上旬にバッキンガム大学であった、Nesta’s Arkというイベントを紹介したいと思います。

このイベントはいわば移動式動物園で、学生たちの勉強などで溜まったストレスを動物で癒すという目的で行われです。イベントにはたくさんの学生が参加しており、とても賑わっていました‼︎私もDD7期の後輩たちと参加してきました。実は、私はこのイベントの存在はギリギリまで知らなくて、バッキンガム大学の先生に教えてもらいました笑 教えていただいた先生には感謝ですね‼︎

イベントには、いろんな種類の動物が来ていました。かわいい動物では、子猫や犬、ハリネズミがいました‼︎特に、子猫は手のひらサイズでとても癒されました。また、珍しいとこで言えば、ヘビやトカゲなどの爬虫類、またスカンクや大きなリクガメもいました‼︎ヘビを触るのには最初勇気がいりましたが、触ってみると思ったよりぷにぷにでびっくりしました笑
日本でもあまり動物を間近で見たり触ったことがなかったので、イギリスに来てスカンクや爬虫類をと触れ会えてよかったと思います笑それに、勉強ばっかりではなくて、たまにはストレス発散にイベントに参加するのもありだなと思いました‼︎

私たちDD6期生は今年の12月で卒業するので、もうイギリスでの留学生活は残り1ヶ月弱となってしまいました。これからは最後に向けて、課題に全力で取り組みまた、イギリスでやり残したことがないよう、すべてやりきったと言える1ヶ月にしていきます。


kousaw
ページ公開日:2019年11月16日 09時36分