2020年02月03日 16時11分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学英語DD7期 2020年2月3日) 

<半年決意発表>

1月でバッキンガム留学に来てから半年が経ちました。そこで、この機会に改めて決意発表をいたします。

こちらに来てからあっという間に6か月以上が過ぎました。そして今、周りの状況も大きく変化しています。その中で、僕はこれまでとは違う意識で留学生活を充実させたいと思います。今までを振り返れば、こちらで生活できるだろうかという期待と不安から始まり、その後段々と現れる自分の好みや意識、行動の変化に面白さを感じてきました。イギリスへの興味や、学習内容への興味が膨らむなど、より深く知りたいことへの入り口を増やしているような感覚があります。しかし、今ではそれらがどちらかというと受動的なものだったのではと感じています。丁度この時期に、先輩たちを見送って法学部の生徒を迎え、また授業がより実践的な内容を扱うという移り変わりがあり、自分の足らない部分がより見えるようになっています。しかし、裏を返せば自分の成長したい姿が見えるようになったということなのではと感じています。ここからの半年は、内面の変化を自分から起こし、これまで見つけた入り口に飛び込んで興味を深める時期にしていきたいと思います。
(R.Y.)

イギリス留学が半年経った今改めて思うことは、私が楽しく充実した留学生活を送れている源はいつも応援し支えてくれている、家族・友人・先生方のおかげであるということです。そんなたくさんの人への感謝を忘れずに、私らしく笑顔で勇気ある毎日を過ごしていきたいです。これまでの半年間は、先輩方にたくさんお世話になりました。ここから先の一年間は、私が先輩方にしていただいたことを後輩たちに返していく番です。残り1年となった留学生活で、私は世界に通じる人格の人になれるように勉学はもとより、新たな友好拡大やここでしかできない大学建築に全力で挑戦していく決意です。
(N.N.)

留学生活の三分の一を終え、時がたつのは早いものだと実感しております。先輩方が留学を終えた今、本格的に自分たちDD7期生が英語DDを発展させていく立場になりました。改めて留学を支えてくださるみなさまに感謝しながら、イギリスで過ごせる日々を充実させる決意でおります。「初心忘るべからず」の言葉の通り、自分自身の将来に対する考えを深め自己成長を目指すとともに、創価大学・バッキンガム大学建設に貢献していく残りの1年間にしてまいります。
(M.N.)
ページ公開日:2020年02月03日 16時11分
  • キャンパスガイド2020文学部
  • 【留学日記】イギリス・バッキンガム大学 夏期語学研修
  • 【留学日記】インド・セントスティーブンカレッジ 春季語学研修