• 文学部トップ
  • 文学部NEWS
  • 文学部教員より:この夏、学生の皆さんに読んでもらいたい、触れてもらいたいもの 28.29

2020年08月24日 10時24分

文学部教員より:この夏、学生の皆さんに読んでもらいたい、触れてもらいたいもの 28.29

「今だからこそ大学生に読んで欲しい、触れて欲しい作品」というテーマのもと、各教員からおすすめの作品を紹介していただきました。
『おうち時間』を活用して、是非、作品に触れてみてください。



28. 江口満 教授推薦:『戦争と平和』 レフ・トルストイ
ナポレオンのロシア遠征を舞台とした歴史小説。愛、人生、民衆、歴史等をテーマに様々な物語や思想が展開され、興味のある部分だけを読むことも可能。岩波文庫 藤沼貴訳がおすすめ。


29. 江口満 教授推薦:『アンナ・カレーニナ』 レフ・トルストイ
貴婦人の不倫・自殺という物語を軸に、トルストイが生涯探求した「生きる意味」について考えさせられる名著。



*長編を読破して第2回ロシア文学読書感想文コンクール「私のトルストイ」(https://www.koubo.co.jp/system/contest/herald/)
に挑戦してみよう!

ページ公開日:2020年08月24日 10時24分
  • キャンパスガイド2022文学部
  • 英語DD
  • 中国語DD
  • 【留学日記】イギリス・バッキンガム大学 夏期語学研修
  • 【留学日記】インド・セントスティーブンカレッジ 春季語学研修