科目紹介①

基礎看護学の授業概要

看護学概論

1年次
看護学概論は、看護学の学習の基盤となる知識・態度・看護観を育成することをねらいとする。看護に含まれる基本概念(人間・健康・環境・看護)について理解を深め、看護の本質・目的・対象・役割・機能などを学習しつつ、「看護とは何か」を探求していく。さらに、看護・医療の歴史を振り返り、看護実践に求められる科学性や倫理性の根拠、専門職としての発展の経緯について概説する。特に看護実践と倫理については具体例をあげて解説する。

生活援助技術Ⅰ

1年次
看護は、その人の生きる力を最大限に引き出すように生活行動を援助していくことであり、その実践は、科学的根拠に基づいて行われ、創造的に展開されていく。生活援助技術Ⅰでは、具体的な看護活動の基本となる共通技術と生活援助技術を取り上げ、全人的に人間の営みを理解し、看護実践能力の基盤となる看護技術の習得を目指す。

生活援助技術Ⅱ

1年次
看護学概論で学んだ人間・健康・環境・看護の概念、および生活援助技術Ⅰで学んだ看護技術の考えを基盤に、人間の生活行動を振り返り、その人がその人らしく生活していくために必要としている生活援助技術のうち、活動・休息の援助技術、安楽確保の技術について基礎知識と根拠に基づき援助する方法を習得する。

生活援助技術Ⅲ

1年次
生活援助技術Ⅰ・Ⅱに引き続き、生活援助技術Ⅲでは、身体の清潔の援助を取り上げ、その人に応じた援助方法を習得する。演習では患者と看護師の役割を体験し、患者としての体験を看護技術の向上にいかしていく。授業は、講義と演習を関連付けて行う。

生活援助技術Ⅳ

1年次
生活援助技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲにひき続き、その人がその人らしく生活していくために必要な生活過程における援助技術のうち、食生活の援助技術、排泄の援助技術について、基礎知識と根拠に基づき援助する方法を習得する。