ペトラ・ウィフォフスキー教授による講義

2021年11月24日

国際看護科目の特別講義が行われました!

11月19日(金)に国際看護科目の特別講義として、ドイツにあるエスリンゲン応用科学大学保健看護学研究科のペトラ・ウィフォフスキー教授によるオンライン講義(リアルタイム)が行われました。

本学部では、グローバルマインドを持つ看護師の素質を修得するために、国内外からグローバルリーダーとして活躍する客員教員を招へいし、講義に加えて記念講演会や交流会を開催しております。昨年来からの新型コロナ禍により、客員教員の招へいに代わりオンラインによる特別講義を実施してきました。

 

今回のウィフォフスキー教授の講義は、「ドイツにおけるヘルスプロモ―ションとケア―次の10年への挑戦」をテーマに、国際保健学、国際看護特講a、国際看護学の履修学生約150名が参加しました。

 

ウィフォフスキー教授は、ヘルスプロモーションに関し説明された後、ドイツで具体的にどのようにヘルスプロモーションが行われているのか、その効果と課題について話されました。講義の途中には、ヘルスプロモーションの具体的な実践例として、エスリンゲン応用科学大学の看護学生よりヘルスブレイクの紹介がありました。ヘルスブレイクは集中力・注意力を高める効果があり、エスリンゲン応用科学大学では講義中に取り入れているそうです。

最後に、ウィフォフスキー教授から学生へ激励していただき、和やかな雰囲気の中授業が終了しました。

 

学生さんからは、「私は看護師になったら患者さんの生きる力を引き出すだけでなく、看護師や他の医療従事者たち本人らの可能性をもっと引き出せる看護師になり、ヘルスプロモーションの考えを広めていきたいと思いました」等、ヘルスプロモーションの重要性について理解が深まりましたとの感想が寄せられました。

ページ公開日:2021年11月24日
  • キャンパスガイド2022看護学部