2020年10月12日

『SUN Soka Univ. News』2020 「回創写真館」への資料提供

創価大学広報誌『SUN Soka Univ. News』101号から背表紙企画として始まった「回創写真館」。
昨年発行されたSUN101号、102号に続き、本年発行された104号、105号、107号において資料提供を行いました。

この「回創写真館」は、創立50周年を迎える創大の歴史を懐かしい写真とエッセーで回想する企画ページです。
今月発行されたSUN107号には「1976年に除幕された正門」、105号に「1978年に開館した中央図書館」、104号には「第1回創友会総会」を提供し掲載されました。いずれも創大写真部によって撮影された写真であり、草創期を象徴する写真として、エッセーにはその場を取り巻く情景が記されています。

SUN107号「正門」

SUN107号には、除幕されたばかりの「1976年頃の正門」が紹介されました。
正門の開通式は、1976年4月10日、第6回入学式の後、創立者出席のもと行われました。創立者、中国国費第1期留学生、創大6期生代表、創価学園生代表が、牧口常三郎先生の筆による「創價大學」の碑の除幕を行い、開通記念のパレード隊が元気一杯に行進する後に続いて、創立者と参加者が共に「歩き初め」を行いました。

SUN105号「中央図書館」

SUN105号には、「中央図書館」の写真が紹介されました。
中央図書館は、1977年4月10日に起工式を行い、翌78年3月に竣工しました。創立者は竣工式後に館内を視察し、竣工祝賀会に出席しています。開館日は、卒業を控えた4期生から強い希望があり、第4回卒業式前日となる3月17日に行われ、4期生から時計が図書館に寄贈されました。
写真の図書館入り口には、「祝中央図書館開館祝賀会」と書かれた立て看板が見えます。開館当時は地上3階建てで、現在の4階部分は1996年4月に増築されたものです。

SUN104号「第1回創友会総会」

SUN104号には、「第1回創友会総会」が掲載されました。
創友会は創立者の発案により、1期生卒業式の1975年3月22日に発足しました。2日後、創友会一同から大学に図書が贈呈されています。
1975年11月2日に「第1回創友会総会」が開催され、同日、平安の庭に「草創の誓」の碑が除幕されました。
この碑は第4回入学式の日に、翌春卒業する1期生が、創立者と初の記念撮影を行い、就職に対して種々の激励を受けたその期待に応えるべく、誓いを立てた「草創の誓」が碑文になっており、碑に残そうとの創立者の発案によって設置されています。
回創写真館のページはこちら(デジタルブック)
ページ公開日:2020年10月12日