活動

論文発表

招待講演

    2019.12.04-06 Shoko Nishihara, Taichi Miura, Hayato Ota, Noriyuki Yuasa, Masato Habu, Federico Pecori, Fumiaki Nakayama, Chika Ogura
    Function of glycans in pluripotent stem cells
    1st International Symposium on Glycans', Zhuhai, China,2019-12-04 to 2019-12-06
    2019.11.11-14 Shoko Nishihara, Taichi Miura, Hayato Ota, Noriyuki Yuasa, Masato Habu, Federico Pecori, Fumiaki Nakayama, Chika Ogura
    Functional analyses of glycans in mammalian stem cells
    11th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference, November 11-14, 2019 (Busan, Korea) Invited
    2019.09.18-20 西原祥子:多能性幹細胞におけるヘパラン硫酸とO-GlcNAc修飾によるシグナル制御
    第92回日本生化学会大会、横浜(シンポジウム)
    2019.08.25-41 Nishihara S: Functional analysis of mucin-type O-glycans using Drosophila melanogaster
    the 25th International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO XXV), August 25- 31, 2019, Milano, Italy, Invited
    2019.08.19-21
    西原祥子:糖鎖領域とあらゆる生命科学領域の融合と相互理解、第38回日本質学会年会、名古屋大学豊田講堂(招待講演)

シンポジウム主催

    2022.03.01-03 International Symposium on Microbial Glycoconjugates and the GlySpace Alliance:from micro to macro glycoscience (MiGGA).
    Organizers:Kiyoko F. Aoki-Kinoshita (GaLSIC, Japan), Kazuhiro Aoki (CCRC, University of Georgia, USA), Yann Guerardel (Lille University, France), Issaku Yamada (The Noguchi Institute, Japan), Masae Hosoda (GaLSIC, Japan) Online event.
    2019.09.18-20
    シグナルを制御する糖鎖(シンポジウム1S10a)
    オーガナイザー:灘中里美(神戸薬科大学)、西原祥子(創価大学)
    第92回日本生化学会大会シンポジウム、横浜

その他・研究成果

    2019.11.18-19
    インフルエンザウイルスの宿主間伝播に関わる新規分子機構の解明.
    岡松正敏、高瀬 明、西原祥子.国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)研究成果発表会「重症・難治性感染症の理解と予防・治療法の開発に向けて〜若手研究者たちの挑戦〜」(公開)2019年11月18-19日(東京、イイノホール)

所内活動

2019.06.14 学部講演会・生命情報工学専攻勉強会 開催
2019.04.12 糖鎖生命システム融合センターキックオフ
            センターHP 公開
2019.04.08 第1回創価大学糖鎖生命システム融合センター委員会 開催
2019.04.01 創価大学糖鎖生命システム融合センター 設立