• 創価大学韓国事務所

創価大学韓国事務所

2014年度に文部科学省より採択された、スーパーグローバル大学創成支援の取り組みの一環として、2016年9月、韓国・ソウル特別市内に「創価大学韓国事務所」を設置しました。日本への留学を考えている韓国の学生への情報提供や相談等に応じるとともに、本学学生が韓国に留学した際のサポートや、協定を結ぶ大学との連携強化など、さまざまな活動に取り組んでいます。

創価大学について
学部・大学院

学部

大学院

English Medium Programs

グローバル教育
国際交流

学術交流

創価大学は、韓国との友好的な交流を発展・促進するため、1997年に韓国の慶熙大学と大学間交流協定を正式に締結したことをはじめ、現在までに13大学まで交流数を増やしてきました。全体では世界62か国・地域、225大学(2020年5月現在)と学術交流協定を締結し、交換留学制度に加えて、ダブル・ディグリープログラム、短期海外研修など、学生や教員の交流、研究交流を進めています。毎年約900人の日本人学生が海外留学を経験し、約800人の外国人留学生が本学で学んでいます。

韓国の交流校

*学生交換プログラムあり

シンポジウム・イベント等

交流校一覧

入学案内
アクセス

韓国事務所

所在地: Jongno Yeonji Culture Center, SGI-Korea, 49, Daehak-ro, Jongno-gu,
Seoul, 03127, Korea
電話: +82-2-6232-0220        FAX: +82-2-6232-0221
メールアドレス: SOKA_Korea_office-gr@soka-u.jp

創価大学キャンパス

創価大学は、東京の郊外にある学園都市・東京都八王子市にあります。緑あふれる多摩丘陵にそびえ立つ約870,000㎡の面積を誇る広大なキャンパスは、学問そして社会に貢献できる人材育成に理想的な環境と言えます。

JR八王子駅から北へ4㎞、バスで約20分のところにあります。八王子駅へは新宿からJR中央線、あるいは京王線(私鉄)で約40分です。また東海道新幹線の新横浜駅から、JR横浜線で約45分です。
よくある質問(FAQ)

日本人学生向けのFAQ

日本人学生向けのよくある質問はこちらをご覧ください。

韓国事務所に関するFAQ

Q. 韓国事務所の開館時間を教えてください。
A.  事務所は月曜日~金曜日の午前9時~午後5時まで電話の問い合わせにて対応しております。
また、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、マスクの着用や手の消毒などを徹底した上で、事前に予約をいただいた方のみに対し訪問相談を行っております。
Q. 事務所はどの言語で対応可能ですか?
A. 韓国語と日本語での対応が可能です。
Q. 創価大学への留学等について相談したいです。どこにどのように連絡すればいいでしょうか。
A. 韓国事務所に連絡をお願いいたします。+82-2-6232-0220
Q. ビザなどの取得に関するサポートはされていますか。
A. 合格した場合、創価大学の国際課から在留資格証明書が送られてきますので、ご自身の国の日本国大使館で申請してください。大学から必要とされる要件や書類がそろっていて、事前の違反がなければ特に問題はありません。ビザ申請などについてはご自身で行っていただきますが、アドバイスをさせていただくことは可能です。

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、申請方法などに変更がある可能性がありますので、必ずご自身の国の日本国大使館HPを確認するか、創価大学の国際課に確認してください。
Q. もっと創価大学について知りたいです。説明会やオープンキャンパスなどのイベントは行っていますか。また、日本に行く予定があるのですが、キャンパスツアーに参加する機会はありますか?
A. 例年、6~8月の間に韓国で入試説明会を行っています。
  開催情報については、海外事務所NEWSまたは大学HPをご確認ください。

  また、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、現在はキャンパスツアーを行っていません。
  こちらからキャンパスのバーチャルツアー(日本語・英語のみ対応)を体験いただけます。
Q. 創価大学の日本の窓口を教えてください。
A.  各種問い合わせ先はこちらをご覧ください。