2018年09月19日

2018年度牧口記念教育基金会奨学金証書授与式を開催しました

    9/18(火)中央教育棟ディスカバリーホールにて、牧口記念教育基金会奨学金証書授与式が開催され、看護学部生25名が採用されました。
    牧口記念教育基金会の高梨理事長からは、「牧口基金会は、1995年に人類の幸福と世界の平和を実現する人材を育成するために創立者池田先生によって設立されました。混迷する現代において、創立者が期待される創大生の皆さんは、人類の幸福と世界の平和に貢献しゆく偉大な使命を持った大事なお一人お一人であります。どうか健康に気をつけて、実りある大学生活を送ってください。これから偉大な人生を歩まれる皆様のご健闘を祈ります。」とのご挨拶がありました。

    今回採用された看護学部生の声を一部紹介します。
    ・今回採用していただき、家計の負担を少しでも減らすことができ、感謝の思いでいっぱいです。大学生活を勉学第一で挑戦し抜き、強く優しい看護師へと成長できるよう、精一杯努力して参ります。
    ・牧口基金会奨学生に採用していただき、より一層勉学に集中することができます。将来社会に出て、必ずこのご恩を返していきたいと心に決めています。支えていただいたご恩を一生忘れず、さらに勉学に励んで参ります。
     
    ページ公開日:2018年09月19日