卒業後の進路

外資系企業や商社など、IPやSUCCEEDの成果で、語学力を活かせる企業への就職がここ数年目立っています。

経済学部は、教育目標として「問題発見・解決能力と論理的思考力」および「グローバル社会で役立つコミュニケーション力」を掲げています。この教育目標に基づいた学部専門教育と就業力の育成を結びつけるために、以下の取り組みを構想しました。
  1. 「体系的な経済学教育」を通して学生を学問にリンクさせる。
  2. 「英語による経済学教育」を通して学生を世界にリンクさせる。
  3. 明確な職業意識を育てるために学生を仕事にリンクさせる。
進路の特色と傾向については、IP、SUCCEEDプログラムの成果で、外資系企業や商社など、語学力をいかせる企業への就職がここ数年目立っています。
また金融関係の企業を志望する学生も多く、さらにIT関連企業など、時代の脚光を浴びる産業への進出も増えています。

関連資格・試験

  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 社会教育主事
  • 公認会計士試験
  • 税理士試験
  • 外務省専門職員採用試験(外交官)

経済学部卒業生の主な就職先

経済学部卒業生の主な進学先

創価大学大学院、東京大学大学院、東北大学大学院、一橋大学大学院、大阪大学大学院、神戸大学大学院、デューク大学大学院(アメリカ)、ブリティッシュ・コロンビア大学大学院(カナダ)その他



  • キャンパスガイド2021経済学部
  • 経済学部公式Facebook
  • WEBカメラ
  • IPカリフォルニア・グローバル研修
  • IPシンガポール・グローバル研修
  • クアラルンプール・インターンシップ・プログラム
  • 香港インターンシップ・プログラム
  • 東北復興インターンシップ・プログラム
  • 東北復興スタディーツアー
  • 就業力「強化」書
  • カリキュラム・チェックリスト
  • 経済学部教育ラウンジ(FEEL)