7.演習(ゼミナール)

(1)演習の開講時期

専門演習は、2年次後期以降に、少人数制(原則定員12名)で開講されます。「演習I」(2年次後期)「演習Ⅱ」(3年次前期)「演習Ⅲ」(3年次後期)は必修です。「演習Ⅳ」は、4年次後期に選択科目として開講されます。原則として、一人の教員の演習に、「演習I」から「演習Ⅳ」まで継続して所属します。

(2)演習ガイダンス及び申し込み時期

2年次前期にガイダンスおよび申し込みがあり、そこで所属する演習が決定されます。
したがって、教員が選考資料の1つとして使用するのは、1年次の成績となります。

演習の選択は、3つのコースから選択した専門分野と必ずしも関連している必要はありません。