この夏、学生の皆さんに読んでもらいたい、触れてもらいたいもの(推薦作品一覧)2021

Newsで発信している、文学部教職員・文学部生による「この夏、学生の皆さんに読んでもらいたい、触れてもらいたいもの」(2021)の作品をまとめました。

書籍

伊藤貴雄 教授推薦:『ドレの神曲』  ダンテ著・ドレ画   谷口江里也訳
今年9月14日はダンテ没後700年。『神曲』の主要部分を、フランスの画家ドレの荘厳でドラマティックな版画とともに楽しんでみませんか。読むというよりも、観る神曲!


伊藤貴雄 教授推薦:『シュリーマン旅行記 清国・日本』 シュリーマン著  石井和子訳
トロイア遺跡を発掘した考古学者シュリーマン。彼は幕末の日本を訪れ、旅行記を残しました。八王子にも一章を割いています。あのシュリーマンがなぜ八王子に? それは読んでのお楽しみ。


平林香織 教授推薦:『天井の葦』上・下 太田愛  角川文庫
作者はTVドラマ『相棒』の脚本家としても活躍。軽快なテンポとあっと驚く急展開によって、読者をぐいぐい牽引。言論の自由と正義について考えさせるミステリー。


平林香織 教授推薦:『言葉の園のお菓子番 見えない花』 ほしおさなえ  だいわ文庫
書店員の職を失った失意の主人公が、亡き祖母の趣味だった〈連句〉の世界に足を踏み入れ、立ち直っていくまでを描く。〈連句〉と和菓子のすばらしさが伝わる。


蝶名林亮 准教授推薦:『パラドックス』 中村秀吉  講談社学術文庫
哲学的な問いを本格的に考えたい人に手に取って頂きたい本です。順を追ってじっくり考えながら読むことが求められる一書です。この本の著者は、「哲学的な問いはパラドックスの形に昇華されて論じられるべきである」という考えを持っていますが、私もこの意見に賛成です。哲学は、われわれが日常的に信じていることから導かれるパラドックスに気がつき、それに対してどう答えるか探究する営みだと思います。
 

蝶名林亮 准教授推薦:『風の便り』 太宰治  利根書房
太宰治の短編小説集です。青空文庫でも公開されているので読みやすいかもしれません。『人間失格』とはまた異なる雰囲気の作品集になっています。この本に収録されている「律子と貞子」という短編、自分は太宰の意見に賛成でした。皆さんはどう思われますか・・・?後半に出てくる聖書の一節についても、太宰の意図が気になるところです。


蝶名林亮 准教授推薦:『ハイラスとフィロナスの三つの対話』 ジョージ・バークリ  岩波文庫
哲学にはたくさんの古典がありますが、個人的にお勧めなのがアイルランドの哲学者・バークリです。私は彼が行き着いた結論を受け入れることはできませんでしたが、彼の示した議論には説得力を感じました。そして、「うーん・・・」と唸ってしまいました。このような「うーん、どう考えたらいいのか・・・」と唸ることが、哲学の醍醐味ではないかと思っています。皆さんはバークリの議論と結論、唸らずに受け入れたり拒絶したりできるでしょうか?
蝶名林亮 准教授推薦:100万回生きたねこ 佐野洋子  講談社
ある哲学者は、この本は幸せについての作品だと論評していました。自分は、幸せというよりも、この絵本で描かれているのはこの世界の悲しみであるように感じてしまいました。


フィスカーネルセン・アネメッテ 准教授推薦:'On the Shortness of Life: Life is Long If You Know How to Use It'  Essay by the Roman Stoic Philosopher Senaca. (セネカ、中澤務訳、『人生の短さについて 他2篇 (古典新訳文庫) 文庫 』、2017)
As relevant and contemporary as it was 2000 years ago: about how we spend most of our time not living it but occupied by being somewhere else or spending it on unimportant matters.


寒河江光徳 教授推薦:『映画術』 塩田明彦  イースト・プレス
塩田監督がヒッチコックの『映画術』を紐解きつつ、自身の映画技法を種明かしする。特にヒッチコックの『サイコ』の「目」を描くシーンは読み応えがあります。


寒河江光徳 教授推薦:『飛族』 村田喜代子  文芸春秋社( 2019)
谷崎潤一郎文学賞受賞作。ナロトロジー、焦点化の視点からこの作品を読むと面白いかもしれない。

映像作品

伊藤貴雄 教授推薦:ヴァーチャル美術館(美術)
ルーヴル、メトロポリタン、エルミタージュ…。世界の美術館はいま、ヴァーチャル鑑賞が可能になっています。「モナ・リザ」も筆のタッチまでわかります。ちなみに、ダ・ヴィンチはこの絵のあちこちに暗号を記しているそうですよ。


平林香織 教授推薦:『ソウルフル・ワールド』 ディズニー/ピクサー制作長編アニメ (ピート・ドクター監督)
魂と心と体の関係について問いかける作品。ジャズピアニストで中学校の音楽教師である主人公が、人生の意味を発見していく。映像と音楽が心にしみわたる。


フィスカーネルセン・アネメッテ 准教授推薦:'I Am Not an Easy Man' (2018) - A French romantic drama on Netflix
This film makes you think about how culturally constructed gender is and the consequences of confining human experience so narrowly to gender norms.


寒河江光徳 教授推薦:『月光の囁き』 塩田明彦監督 (映画)
人を好きになる苦しみがえぐられる。マゾッホの『毛皮を着たビーナス』と比較してみるのも面白いかもしれない。


寒河江光徳 教授推薦:『自由の幻想』(Le Fantôme de la liberté ) ルイス・ブニュエル監督(1974)
シュール・レアリスムとは何かを理解するために必見の作品。


寒河江光徳 教授推薦:『英国式庭園殺人事件』 ピーター・グリーナウェイ監督(1982)
奇妙なプロットと映像的美が結合する。

音楽

倉橋耕平 准教授推薦:Public Enemy - Fight The Power (2020 Remix) feat. Nas, Rapsody, Black Thought, Jahi, YG & QuestLove(2020年)https://youtu.be/nNUl8bAKdi4
スパイク・リー監督の映画『Do the Right Thing』(1989)の主題歌の2020年版。アメリカでBlack Lives Matter運動が広がり、それに応答する形でリリースされた。女性ラッパーも迎えて、名曲が新たな装いでリリースされたわけだが、Public Enemyと女性が一緒に歌うなんて89年には考えられなかったこと。BLMの映像も入っているビデオも秀逸。


倉橋耕平 准教授推薦:あっこゴリラ - ウルトラジェンダー × 永原真夏(2017年)
https://youtu.be/0LEoIqqw2zk 
フェミニストを公言するラッパーあっこゴリラのフェミニズム文化批評感あふれるラップ曲。メジャー1stアルバムの「GRRRLISM」も最新の「NINGEN GOKAKU」もめちゃめちゃいい。新曲「神器 dig it」のテーマは、、、ここでは言えない。が、もちろん圧倒的にフェミニズム。


倉橋耕平 准教授推薦:Moment Joon - Passport & Garcon(アルバム、2020年)
https://youtu.be/2tstbd0901E
ソウル出身、大阪大学大学院の学生、ラッパーのMoment Joon。日本社会で外国人として生きること、また排外主義が激しくなる昨今韓国人が日本で生きることで受ける差別や蔑視、そしてそれへの抵抗を日本語、韓国語、英語で熱く歌い上げているのが最高にかっこいい。気に入ったら、「IGUCHIDOU」という曲の冒頭で彼が自宅住所を言っているので、遊びに行ってください。


伊藤貴雄 教授推薦:ヴィヴァルディ作曲『四季』から「夏」(音楽)
超有名曲ですが、新しい楽しみ方を2つ紹介します。①聴き比べる。演奏者が異なると別の曲に聴こえます。②曲にそえられた詩を読みながら聴く。猛暑をこんなふうに音で描くのか…と思う一瞬だけ猛暑を忘れます。


平林香織 教授推薦:谷山浩子と栗コーダーカルテット『ひろコーダー☆栗コーダー』(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
NHKみんなの歌の「花さかニャンコ」などで知られる谷山浩子とピタゴラスイッチのオープニング曲の栗コーダーカルテットがコラボ。心が弾むような楽曲満載。


蝶名林亮 准教授推薦:Queen’s Fellows: Yuming 30th Anniversary Cover Album  (EMIミュージック・ジャパン)
創価大学といえば八王子。八王子と言えばユーミン。最近、ご実家の呉服店の店頭に立って接客していたという噂も。このアルバムはユーミンこと松任谷由実のデビュー30周年を記念して作成されたカバーアルバムです。かなり豪華な顔ぶれがユーミンの名曲をカバーしています。個人的にはやっぱりスピッツの「14番目の月」は外せませんが、他にも聞きどころ満載の一枚だと思います。aikoの「セシルの週末」も椎名林檎の「翳りゆく部屋」も本人たちのオリジナル曲のように聞こえてきて、ユーミンの描く世界は果てしないと感じました。
  • キャンパスガイド2022文学部
  • 英語DD
  • 中国語DD
  • 【留学日記】イギリス・バッキンガム大学 夏期語学研修
  • 【留学日記】インド・セントスティーブンカレッジ 春季語学研修