オンラインで開催されたシンポジウム

2021年01月21日

ジョン・デューイ著『日本と中国からの書簡』発刊100周年を記念し、本研究所ジョン・デューイ研究センター第1回シンポジウムを開催しました

ジョン・デューイ著『日本と中国からの書簡』発刊100周年を記念し、本研究所のジョン・デューイ研究センターの第1回シンポジウム「デューイの日本・中国訪問~『日本と中国からの書簡(1919-1920)』を読む~」が、2020年12月20日、オンラインで開催されました。

アメリカの哲学者・教育学者デューイは1919年2月に来日して約3か月滞在し、その後中国に招かれて1921年まで滞在しました。シンポジウムでは、伊藤貴雄氏(創価大学教授)、山田直之氏(神戸女子大学助教)、劉幸氏(北京師範大学講師)、大沼正樹氏(北京師範大学Ph.D.)が登壇し、デューイが当時アメリカの家族に宛てた手紙の中身を紹介しつつ、彼の訪日・訪中の歴史的意義について考察を行いました。また、視聴者からの質問を受けつつ活発な意見交換が行われました。

ページ公開日:2021年01月21日