外国人留学生への在留資格認定証明書申請のご案内

入学を許可された外国籍の者は原則として「留学ビザ」の取得が必要です。入学許可後に在留資格取得、入国および滞在に関する手続きをすることになります。

​​​​​すでに日本の学生ビザをお持ちの方は、ご自身でビザの更新作業を行っていただく必要があります。その場合、申請書に大学の公印が必要となりますので、事前に事務室までお知らせください。

●大学による代理申請
「在留資格認定証明書」交付申請は、大学が代理申請を行います。入学手続きの際に「在留資格認定証明書交付のための大学代理申請確認表」(本学所定用紙)を提出してください。提出がない場合は、大学では在留資格認定証明書の申請は致しませんので、ご注意下さい。
「在留資格認定証明書」についての許可は法務省が行うものであり、不許可となった場合について大学は責任を負うことはできません。
代理申請をした場合でも、法務省より必要に応じて証明書等の提出を求められることがあります。

STEP 1 在留資格申請フォームを提出

査証申請の手続きに必要な情報を、下記のフォームよりご提出ください。

《提出締切日》2019年11月19日

STEP 2 在留資格認定証明書の取得

STEP1の査証申請情報を元に、大学が代理で「在留資格認定証明書」交付申請を行います。
1月末までに「在留資格認定証明書」を受け取り次第、合格者へ送付します。

STEP 3 申請書・在留資格認定証明書・パスポートを最寄りの大使館に提出

「在留資格認定証明書」を受け取り次第、最寄りの日本大使館に必要書類をご提出ください。
これには数日要することがあります。無事に審査が終了した後に、日本への入国ビザが発行されます。

STEP 4 ビザが発行されたら、準備完了です!

査証(ビザ)が取得できたら、航空券等の購入手続きを行い、渡日準備をお願いします。

お問い合せ

  • 〇創価大学学事第2課大学院係
     〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236
     創価大学学事第2課大学院係 担当:下山
     
    TEL:042-691-9423
    E-mail: gsoffice@soka.ac.jp
    (月曜日~金曜日は9:30~17:00、土曜日は9:30~12:00)