授業アンケート

授業アンケートおよび授業外学習時間増加へ向けた取り組み

学生による教員の授業評価の一環として、1999年より授業アンケートを実施してきました。現在は授業アンケート委員会が設置され、全学で統一したフォーマットを採用しています。また委員会では毎年アンケート内容や実施方法に関する課題や改善事項が検討され、翌年度のアンケート内容に活かしています。
授業アンケート結果はポータルサイトで全学生にWeb公開されます。また学部教授会と共通科目運営センター運営委員会において、講義科目ごとに成績評価やGPA値と合せて提示され、学部学科等で結果が共有されています。
2007年度からは、いくつかの学部の専門科目において、携帯電話を利用しての授業アンケートの試行を始めました。教員へのアンケート結果の迅速な返却と、結果データの一層の蓄積・活用を目指してのものです。2008年度後期までで4学部において試行しています。

(学部別授業アンケート結果例)

授業アンケート結果が教務委員会や学部教授会で公開され、評価が教員ごとに周知されることで、教員の授業に対する自己点検が行われています。その結果、授業アンケート結果を授業にフィードバックすることなどが、活発に行われています。
2006年度には授業アンケートの項目にある授業外学習時間(質問1~2)に着目し、授業外学習時間が向上するよう努力目標を設定し、学内への周知と、教員の授業改善を求めました。これを受け、2008年度にはFD委員会において「授業外学習時間確保3ヵ年計画」が策定され、3ヵ年計画で全学的に授業外学習時間を一定レベルにまで引き上げる取り組みが開始されました。さらに2009年度からは授業アンケート結果に対し、教員がコメントを入力するという取り決めを始めました。授業アンケートを実施した全ての科目について、教員がコメントを記載し、学生はそれを各科目のシラバスから閲覧できるようになりました。

学生による教員の授業評価(授業アンケート)

2018年度秋学期

2018年度春学期