授業アンケート

授業アンケートおよび授業外学習時間増加へ向けた取り組み

 本学では、学生による教員授業評価の一環として、1999年より授業アンケートを実施してきました。FD・SD委員会が主体となり、毎年、アンケート内容や実施方法についても検討を行い、翌年度のアンケートに生かしています。

 過去1年分のアンケート結果は、ポータルサイトを通じて全学生に公開されており、学生は履修の参考資料として活用できるようになっています。また、授業改善の取組として、セメスターごとのアンケート結果は、成績評価やGPA値とともに、学部教授会、学士課程教育機構運営委員会に提示されます。さらに、アンケート結果には、学生からの評価に対する、教員のコメントも記載されており、全学生が閲覧できようになっています。

 こうした仕組みによって、授業アンケート結果が教員間で共有され、次セメスターの授業運営に反映されるようにしています。

 

 

<授業アンケートについての取り組み>

1999年 授業アンケートの実施

2006年 授業外学習時間の向上を目指して努力目標の設定

2007年 一部の学部専門科目で携帯電話を利用したアンケートの試行

    (2008年度後期まで4学部において試行)

2008年 「授業外学習時間確保3カ年計画」の策定

2009年 授業アンケート結果に対して教員がコメント入力を行うことの決定

2010年 小人数の科目等を除き、原則全科目で携帯電話によるアンケートの実施

2013年 ラーニング・アウトカムズ測定や学生の振り返りに活かせるようにアンケート項目を見直し、あわせて項目数の削減も行った。実技系科目も実施対象に。

2018年 アンケート項目を見直し、少人数の科目も含めて実施

学生による教員の授業評価(授業アンケート)

2019年度春学期

2018年度秋学期

2018年度春学期