• TOPICS
  • 本学硬式野球部の鈴木勇斗投手が阪神タイガースからドラフト2位指名!

2021年10月12日

本学硬式野球部の鈴木勇斗投手が阪神タイガースからドラフト2位指名!

10月10日(月)、2021年プロ野球ドラフト会議が行われ、本学硬式野球部の鈴木勇斗投手(法学部4年)が阪神タイガースからドラフト2位で指名を受けました。

指名会見で鈴木投手は、「高校時代は甲子園の舞台に立てず悔しい思いをしたので、憧れのマウンドで投げられるのを嬉しく思います。自分の武器は強いストレートと、相手に立ち向かっていく強い気持ちの部分なので、プロの世界でもそこを大事にし、一日でも早くプロの打者に通用する投手になっていきたいと思います」と述べました。
また、対戦したい打者にヤクルトスワローズの村上宗隆選手の名前をあげ、「同じ九州の高校出身で自分の同期なので、プロの世界で一度対戦してみたいです。強打者に自分の真っすぐが通用するのか試してみたいです」とこたえました。

記者会見に同席した堀内尊法監督は、「練習熱心で努力を惜しまない選手です。力強い真っすぐだけでなく、怪我をしない強い体も彼の強みだと思います。プロの世界でも鈴木投手らしく、これまでの経験に自信をもって打者に立ち向かってもらいたいです」とエールを送りました。
ページ公開日:2021年10月12日