これまでの歩み

Global Citizen 育成の歩み

創価大学は平和の理念を持って世界に貢献する人材の育成をめざし、教育プログラムの国際化や学術交流を推進してきました。 Global Citizen育成の歩みと世界と関わってきた本学の実績を紹介します。
1971年 開学
創造的人間 創立者池田大作先生が提唱された創価大学が育成する人材像です。建学の精神に基づき、人類が直面する問題に真摯に取り組み、いかなる環境にあっても、問題解決のために自在に知恵を発揮しながら自分自身を強め、他者の幸福に貢献できる人材の育成をめざしています。
1975年 香港中文大学と交流協定
中国公費留学生6名を受入(国交正常化後、初の中国人留学生)
1976年 日本語別科開設
1979年 北京大学と交流協定を締結(日本の大学で初)
1985年 留学生会結成
1987年 ロサンゼルス分校を開校
1988年 創価大学ワールド会結成
1993年 シルクロード研究センターを解説
1995年 国策交流センター解説
1999年 ワールド・ランゲージ・センター設置
2000年 教育・学習支援センター設置
ダヴィンチ賞の創設
2001年 経済学部インターナショナル・プログラム開始
アメリカ創価大学開学
2006年 北京事務所開設
2007年 創価大学 グランドデザイン策定
創立50周年を迎える2020年に本学の不変の使命を具現化するための戦略を示したものです。多様性のあるキャンパスを構築しながら、建学の精神の具現化をめざしています
文部科学省「大学生の就業力育成支援事業」就業力GP採択
グローバル・シティズンシップ・プログラム開始
ジャパン・アジア・スタディーズプログラム開始
2010年 留学生会結成
2011年 日本語・日本文化教育センター開設
2014年 文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」採択
採択 国際社会の進展に伴い、高度な外国語運用能力を持ち、他者とのコンセンサスを図りながら、平和と持続可能な繁栄を先導する「創造的世界市民」を育成します。
文部科学省「大学教育再生加速プログラム」採択
国際教養学部開設
2016年 韓国事務所開設
タイ事務所開設