創大Lab

  • HEADLINES
  • 創大Lab
  • 「学習は、楽しく習うもの」。日本画を通して創造性を育む!

2016年10月28日

「学習は、楽しく習うもの」。日本画を通して創造性を育む!

創大Lab編集部

清水 由朗 教育学部児童教育学科 教授
小学生のころから「逆上がりもできない子で、何かを描くことが好きだった」という。日本画家だった父親は「絵は趣味だけにしなさい」と息子に別な職業に就くことを夢見ていた。その父親に連れられ東京で行われた院展へ。そこで平山郁夫画伯と出会い声を掛けていただいたことが画家を目指す原点となった。「学習は、楽く習うもの 」と語る清水先生に、才能の芽が花開くまでの経緯もたっぷりと伺うことができました。
<div style="text-align: right;"><span style="color:#808080;"><span style="font-size:14px;">※掲載内容は取材当時のものです。</span></span></div>
ページ公開日:2016年10月28日


  • HEADLINES
  • 創大Days
  • 創大Lab.
  • 広報誌「SUN」