AEDとは

AED
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。
AEDは、操作方法を音声ガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。

AED イラストまた、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。

最近では、一般市民の方がAEDを使用して救命した事例も増えてきました。

創価大学内AED設置場所

  • 本部棟防災センター
  • A棟ロビー
  • 正門総合案内所
  • 学友会本部
  • 工学部棟ホール
  • 創価女子短大
  • 中央図書館
  • 総合体育館
  • 池田記念講堂2F
  • 太陽の丘クラブハウス玄関付近
  • ワールドグラウンド
  • 松風センター9号へ上がる階段入口付近
  • 保健センター