日本学生支援機構の実施する奨学金

日本学生支援機構奨学金は、経済的理由によって修学が困難な学生を支援する、国の教育事業です。

奨学金には貸与型と給付型があり、貸与型奨学金を利用した場合卒業後に返還が必要です。

申請には家計基準と学力基準がそれぞれ設けられています。

日本学生支援機構 貸与型奨学金

第一種奨学金【無利子】

貸与額(月額) 自宅生:5万4,000円/3万円
自宅外生:6万4,000円/5万4,000円/3万円
利子 無利子
貸与期間 採用年度から4年生まで(継続審査あり)。
貸与開始月は4月。
応募条件 日本学生支援機構の定める「学力に関する基準」と「家計に関する基準」の両方を満たしていること。 
【詳細】
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/koho_kettei.html#01
出願時期 ①予約採用⇒高校3年時4月~7月(在学高校の奨学金担当者に申し出てください)
※予約採用者は期日までに手続きすることによって、大学入学後4月から入金開始
②在学採用⇒大学入学後、4月初旬開催の奨学金説明会に出席(毎年実施)
※在学採用者は採用後、6月に初回入金(4月~6月分がまとめて入金)

第二種奨学金【有利子】

貸与額(月額) 3万円・5万円・8万円・10万円・12万円より選択。
※採用後の月額変更も可
利子 有利子  ※利率は上限年3%
(1)利率固定方式  
(2)利率見直し方式 のいずれかを選択。
在学中は無利子。
【詳細】
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/riritsu/riritsu_19ikou.html
貸与期間 採用年度から4年生まで(継続審査あり)。
貸与開始月は4月。
応募条件 日本学生支援機構の定める「学力に関する基準」と「家計に関する基準」の両方を満たしていること。
新入生の場合の第二種奨学金の学力基準は本学入学で基準を満たすものとする。
出願時期 ①予約採用⇒高校3年時4月~7月(在学高校の奨学金担当者に申し出てください)
※予約採用者は期日までに手続きすることによって、大学入学後4月から入金開始
②在学採用⇒大学入学後、4月初旬開催の奨学金説明会に出席(毎年実施)
※在学採用者は採用後、6月に初回入金(4月~6月分がまとめて入金)

入学時特別増額貸与奨学金【有利子】

貸与額
(入学時1回のみ)

10万円・20万円・30万円・40万円・50万円より選択。
利子 有利子  ※利率は上限年3%
(1)利率固定方式
(2)利率見直し方式 のいずれかを選択。
在学中は無利子。
【詳細】
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/riritsu/riritsu_19ikou.html
応募条件
以下の①②のどちらかの条件を満たすこと
  1. 奨学金申込時の家計状況が、機構の定める基準(認定所得金額0円以下)を満たす場合
  2. 日本政策金融公庫の実施する「国の教育ローン」に申し込みし、公庫が定める要件を満たした上で、融資を断られた場合
(公庫の定める要件:
1.世帯の収入が公庫の示す金額以内のあること 
2.借入申込額が350万円を超えていないこと)
出願時期
①予約採用⇒高校3年時4月~7月(在学高校の奨学金担当者に申し出てください)
※予約採用者は期日までに手続きすることによって、大学入学後4月から入金開始
②在学採用⇒大学入学後、4月初旬開催の奨学金説明会に出席(毎年実施)
※在学採用者は採用後、6月に初回入金(4月~6月分がまとめて入金)
※入学時特別増額貸与奨学金のみの申請はできません

日本学生支援機構 給付型奨学金

給付奨学金【返還不要】

給付額(月額) 自宅通学:3万円
自宅外通学:4万円
※私立大学の場合
貸与期間 採用年度から4年生まで(継続審査あり)。
貸与開始月は4月。
応募条件 児童擁護施設等出身者、生活保護世帯、住民税(所得割)非課税世帯のいずれかに該当し、成績優秀な者

申込受付は、進学前(高等専門学校生は4年次進級前)に在学している高等学校等(出身校)を通して行います。
入学後の申込受付は予定されていません。詳しくは高等学校等(出身校)にお問い合わせください。
また、高等学校卒業程度認定試験の合格者で合格後2年以内の人または合格する見込みの人は、機構に直接申し込みます。
詳しくは機構ホームページをご確認ください。
 

その他の奨学金

家計急変時の奨学金制度【貸与型】
在学中に家計が急変した場合、1年以内に申し出ることで、その時点で貸与を受けていない奨学金(第一種・第二種)を事由発生年月まで遡って貸与を受けることができる制度です。
緊急採用奨学金(第一種)【無利子】
<貸与額(月額)>
自宅生 : 54,000円/30,000円
自宅外生 : 64,000円/54,000円/30,000円

<申請条件>
1年以内に家計支持者の死亡・離婚・失業・倒産・大幅な収入減などで家計が急変した者      
※原則、貸与終期は採用年度3月です。貸与継続を希望する場合は、延長の手続きが必要となります。
応急採用奨学金(第二種)【有利子】
<貸与額(月額)>
3万円・5万円・8万円・10万円・12万円より選択

<申請条件>
1年以内に家計支持者の死亡・離婚・失業・倒産・大幅な収入減などで家計が急変した者。
原則、正規の卒業年月(4年生)まで貸与を受けることが可能です。
海外留学時の奨学金制度【貸与型】
在籍中の海外留学の際、申請ができる奨学金制度です。
第一種奨学金(海外協定派遣対象)【無利子】
<貸与月額>
自宅生:5万4,000円/3万円
自宅外生:6万4,000円/5万4,000円/3万円

<利子>
無利子

<申込資格>
JASSO海外留学支援制度(協定派遣)の給付を受ける者のうち、3か月以上1年以内の期間で短期留学する者
なお、次の者は申請対象外です。
  • 海外留学支援制度(協定派遣)の給付期間が3か月未満の者
  • 国内の第一種奨学金を貸与継続中の者(国内の第一種奨学金との併用貸与は不可)

<貸与期間>
JASSO海外留学支援制度(協定派遣)の給付期間と同一期間

<募集時期>
JASSO海外留学支援制度(協定派遣)に採用された時点で、ご相談ください。

※JASSO海外留学支援制度(協定派遣)
第二種奨学金(短期留学)【有利子】
<貸与額(月額)>
3万円・5万円・8万円・10万円・12万円より選択

<利子>
有利子  ※利率は上限年3%

<申込資格>
  • 国内の学校に在学していること
  • 留学期間が3ヶ月以上1年以内の短期留学であること
 ※ただし、ダブルディグリー・プログラムで学位取得に1年以上の期間を必要とし、国内で在学している大学等でその学位を認める場合は最大2年まで貸与を認めます。

【上記を満たし、以下のいずれかの条件を満たす者】

  • 国内在籍学校の学生交流に関する協定等に基づく留学であること
  • 留学により取得した単位が、国内在籍学校(当該奨学金制度の奨学生として推薦した学校)の 位として認定される留学であること
  • 大学院レベルの研究留学で、在学している学校長が有意義と認めた留学であること


<募集時期>

留学先大学の受入開始月によって申請時期が異なります。

募集時期の3週間前程度に学生課奨学金係にご相談ください。

  • 4月~7月の出発   ⇒ 1月中旬
  • 8月~11月の出発 ⇒ 5月中旬
  • 12月~3月の出発 ⇒ 9月中旬

 

奨学金振込日

奨学金の振込日は以下をご確認ください。

各種願(届)

奨学金の「辞退」や、休学等の学籍異動に伴い奨学金を「休止」「復活」させる場合は、該当の異動届を学生課奨学金係に提出してください。
※提出期限:月末までの提出で再来月の入金日から適用。(例:6月末までに提出→8月入金から適用)

【貸与型】第一種奨学金・第二種奨学金

【給付型】給付奨学金

参考

その他の手続きに必要な様式については、本学ポータルサイトPLASの「各種申請関連」メニュー内 「奨学金関係書類」に掲載しています。
奨学金貸与中の届出・願出や返還中の手続きについての詳細は、以下をご確認ください。