IPレベル2第3セメスター

科目と内容

IPレベル2(第3セメスター・2年生前期)

↑「第〇セメスター・〇期」は、1年生が前期からIPレベル1を履修した場合を想定して記載しております。
第3セメスター(2年生前期)に、IPレベル2を受講するためには、第2セメスター(1年生後期)のGPAが3.0以上あり、TOEFL・ITPを490点以上を取得している必要があります。
TOEFL・ITPの得点によって、以下のとおりレベル分けが行われます。
  • Advanced A(490-517点)
  • Advanced B(520点以上)
IPレベル2(第3セメスター・前期)Advanced A の学生は、以下の2科目を履修する必要があります。
●Economics Laboratory A (Microeconomics)(週2回):2単位
経済学をベースに、語彙力・読解力・アウトライン作成能力・授業中のノートの取り方・リスニング・エッセイライティング・リサーチペーパー作成スキル・プレゼンテーション作成スキル・ディスカッション能力などを強化します。
●Economics Lecture A (Microeconomics)(週2回):4単位
ミクロ経済学の概念と用語に関する知識と理解を深め、ミクロ経済学が日常生活と世界でどのような関係性があるかということについて理解を深めます。
IPレベル2(第3セメスター・前期)Advanced B の学生は、以下の2科目を履修する必要があります。
●Economics Laboratory B (Microeconomics)(週2回):2単位
経済学をベースに、語彙力・読解力・アウトライン作成能力・授業中のノートの取り方・リスニング・エッセイライティング・リサーチペーパー作成スキル・プレゼンテーション作成スキル・ディスカッション能力などを強化します。
Economics Lecture B (Microeconomics)(週2回):4単位
ミクロ経済学の概念と用語に関する知識と理解を深め、ミクロ経済学が日常生活と世界でどのような関係性があるかということについて理解を深めます。